バイク盗難に狙われやすいバイクとは?


バイク盗難に狙われやすいバイクとはどのようなものがあるだろう。
これは、バイクを盗む側の立場に立つとよいだろう。

まず、バイクを盗難しようとする目的は、次ぎの二つだろう。
・バイクを盗んでもかっこいいバイクに乗りたい
・バイクを盗んでお金に変えたい

1つ目は、いわゆる若造の仕業。
盗難をするような若造は、なぜ、バイクを盗むのか?
たとえば、漫画の影響もあるだろう。
いや、これが結構、その理由の大部分をしめるかもしれない。

若造が盗みたいバイクは、ゼファーやCB400SF
この二種。

実際に、自分もCB400SFを3度盗まれた経験がある。
ちなみに、3度とも戻ってきた。
その姿は・・・目にも涙。

自分で働いたお金で購入したバイクでは絶対にそんなことしないだろう・・・
というぐらい無残な姿。


2つ目は、いわゆる盗難業者。
バイク盗難状況で車種別をみれば、一目瞭然。
いわゆるスクーター系のバイクだ。
今が人気というのもあるが、高値で売れるのだろう。
また、原付などはやはり便利なので、発展途上国などにも売れるのだろう。
いわゆるお金目当てで盗難し、売りさばく手口だ。


このようにバイク盗難に狙われ安いのは、
若造が好むバイクと、高値で売れそうなバイク。

これらに乗らなければ良いわけだ。

理由はわからないが、いわゆる乗りにくいタイプ、人気のないバイクは盗まれにくい。
実際に、3度盗まれたのはCB400SFだが、
一度も盗まれずに、いたずらもされなかったのが、GSX400RRだ。

GSX400RRは、完全、走りのバイク。
若造が好むバイクではない・・・あきらかに、鬼ハンでニケツなんてできない。
高価でうれるかもしれないが、人気がないので、業者からも盗まれにくい。

要するに、盗まれにくいバイクに乗るのが、盗難にあいにくい秘訣だ。


【バイクの盗難の最新記事】
| 青森 🌁 | バイクの盗難 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。