青春と聞かれたら、まさしくバイク


バイクとの出会いは高校2年の時。
ヤマハのジョグがはじめてのバイクでした。

兄がカワサキ・ゼファーを購入し、かっこいいなとも思っていましたが、
そこまで熱烈にバイク好きではありませんでした。

しかし、バイクとの付き合いはこの高校2年の時から、
大学4年まで、密着状態の日々でした。

当時、高校生の時も近くの裏山で
ジョグですが、ワインディングを楽しみながら
バイクを載っていましたが、
まさか、大学生になると、そこまでバイク好きになるとは
夢にも思いませんでした。

大学に入ると、自分自身のお金で購入したのが、
黄色のホンダ・スーパーフォア400。
納車時には、本当にほれ込みました。
しかし、住まいが坂道の傾斜がきついところに済んでいたので、
2,3日後・・・立ちコケしたのを覚えています。

そこから毎日、黄色のスーパーフォアとの日々が続きました。

しかし、3回ほど盗難にあいます。
スーパーフォアの魅力を抱くのは解りますが、
人のものを盗難するなど、もってのほか。

いつかこの連中らに・・・という思いは消え去りません。

この災難からの悲しみから逃れるために、
スーパーフォアは友人に譲り、、、
スズキ・GSX-R400を中古で購入。

はじめてのレプリカ。

ここからが走り屋の目覚めた日でした。

もちろん、ホンダ・スーパーフォアでも
ある程度の走りをしてきたつもりですが、
このGSX-Rは、いままでのバイクとは一味も二味も違う。

まさしく、走る為だけに作られたマシン。


六甲の峠に暇があれば走りにいきました。、
自称・黒の弾丸。

ここから、すり抜けの技術も向上し、
バイク便を後ろから付回し、追い抜いたり、
公道でもメータ上限をぶち抜いたりと・・・
じゃじゃ馬のGSX-Rを自らの手足のように扱っていました。

そのころが僕の青春。

そのGSX-Rも結局は、もう自分自身が走れなくなったので、
走れる人のものとに、譲ることになりましたが、
今でも僕の心の中に青春の主役として演じ続けています。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。